ランキングまとめ~ず

各種ランキング系のスレッドをまとめたブログサイトです

    1: 風吹けば名無し 2020/07/26(日) 15:32:28.39 ID:OT+TH5O/0
    2位飛鳥3位弘前


    https://jafmate.jp/blog/car/200713-70.html
    新しい図柄入りご当地ナンバーの、人気ベスト3はこれだ!
    2020年5月11日から、新たに17地域の地方版図柄入りナンバープレートが交付されているが、
    国土交通省によると、新ナンバープレートの申込件数No.1は千葉県の「松戸」であるという。
    申込件数からみた人気ベスト3を紹介しよう。

    no title

    no title

    no title

    【新図柄入りご当地ナンバー 人気1位は「松戸ナンバー」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/23(木) 20:14:03.14 ID:9D9tWh5V0
    車1台あたりの交通事故発生率

    順位 県 発生率 発生件数 車保有台数
    1位 静岡 0.86% 25,102件 2,910,907台
    2位 大阪 0.81% 30,914件 3,805,615台
    3位 福岡 0.79% 26,936件 3,426,114台
    全国平均 0.39% 8,111件 1,752,507台

    【「車1台あたりの交通事故率ランキング」ワースト、意外にもあの県だった】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/06/01(月) 16:21:13.34 ID:RhkZr3GR9
    日本リサーチセンター。インターネットを使った調査、15歳以上の男女1万932人が回答した。調査期間は4月24日から27日まで。

    「これって、本当に必要かな?」「買わなければよかった」――。このように後悔したことがある人も多いと思うが、実際どんなモノを不要に感じているのだろうか。15歳の男女に「現在、必要でないモノは?」と聞いたところ、「学歴」(28.6%)を挙げる人が最も多く、次いで「資格」(22.2%)、「車」(20.7%)であることが、日本リサーチセンターの調査で分かった。

    4位は「生命保険」(14.0%)。以下「本(紙媒体)」(13.4%)、「マイホーム」(11.9%)、「テレビ放送」(9.1%)、「テレビ本体」(7.5%)という結果に。一方、最下位は「現金」(2.6%)。「メール」(3.1%)や「パソコン」(4.9%)も挙げる人が少なく、まだまだ「必要」と感じる人が多いことがうかがえた。

    no title


    年代別でみると、「学歴」は男女とも年代が高くなるほど「必要としない」と答えた人が多く、50代以上では男性のほうが多い。「資格」も男女ともに高齢層ほど「必要としない」と答えた人が多く、60代以上の男性は40.6%、女性は37.6%。

    男女別でみると、「車」は女性のほうが必要としないと答えた人が多く、逆に「生命保険」「テレビ放送」は男性のほうが多い。

    no title


    インターネットを使った調査で、15歳以上の男女1万932人が回答した。調査期間は4月24日から27日まで。

    2020年06月01日 13時47分
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2006/01/news093.html

    【【調査】現在、必要でないモノは?1位は「学歴」 2位「資格」 3位「車」 日本リサーチセンター】の続きを読む

    1: 急所攻撃(SB-Android) [ニダ] 2020/05/06(水) 05:58:27.70 ID:Zl33PKjQ0● BE:866556825-2BP(4000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    スピード違反を犯した車種別ランキング。1位はスバル「WRX」で平均の2倍以上となる20%以上がスピード違反を経験済み、更にスピード違反の多い都道府県ランキングの最新版も【リライト】


    http://creative311.com/?p=90019

    海外の自動車ニュースサイトInsurifyが、アメリカにおいて自動車保険を申請しているユーザーを対象に約160万件分を調査し、スピード違反を行っている車両ランキング(最新版)を公開。
    約160万人からの調査許可を得たかどうかについては不明ですが、アメリカではどういった車両がスピード違反を行っているのかも気になるところなので早速そのランキングを見ていきましょう(ただしスーパーカーはランキングの対象外になっている模様)。

    no title


    1位はスバル「WRX」で20.12%がスピード違反を経験。
    全体平均11.28%の約2倍にも上り、唯一の20%超えとなっています。
    過去に何度か「WRX」は試乗させていただきましたが、その走行性能や足回りは非常にレベルが高く、気が付けば結構なスピードが出ているときもあったりします。
    これは納得できる個体かもしれません。

    2位はちょっと意外なサイオン「FR-S」。
    トヨタ「86(ハチロク)」の兄弟車種で19.09%。
    こちらも運動性能の高い一台ではありますが、そのほとんどが無茶な追い越しによってスピード違反の切符を切られているようです。

    3位はフォルクスワーゲン「ゴルフGTI」。
    2位とは2%差ではありますが、それでも高めとなる17%。
    従来モデルとハイパフォーマンスモデル「ゴルフR」の中間に位置する個体ですが、意外にもこうした両立したモデルがとんでもない牙を向ける可能性もあるかもしれませんね。

    4位は韓国メーカでお馴染みヒュンダイの上位ブランド・ジェネシス「クーペ」。
    15.75%と少し低い数値ではありますが、こうしたラグジュアリーなモデルでのスピード違反もそこそこ多いようですね。
    旧世代モデルで、今現在は生産されていませんが、アメリカ市場ではまだまだ人気の高い一台となっています。

    【スピード違反の多い車種ランキング発表。1位馬鹿のWRX 2位車カスのトヨタ86】の続きを読む

    このページのトップヘ