ランキングまとめ~ず

ランキング系のスレッドをまとめたブログです

    コロナ

    1: 風吹けば名無し 2020/06/27(土) 18:58:49.80 ID:0EHu5Nw10
    新型コロナ情報を調べるときに見るメディア…1位「民間放送」、2位「Yahoo!ニュース」、3位「NHK」
    6/26(金) 7:11配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/290334bd1ec01fdcad81b4d55591d120440b7690?page=2
    ◆誤った情報を最も多く見掛けた媒体は…?
    加藤:総務省が提示したフェイクニュースを多く見かけた媒体の第1位が「Twitter」(57.0%)、
    第2位が「ブログやまとめサイト」(36.5%)という結果でした。
    そのフェイクニュースを「共有・拡散した」と回答した人は、全体の約3割。
    新型コロナに関する情報が「怪しい」と思ったときは、若い世代ほど真偽を確かめる傾向が強いようです。
    一方で、若い世代は情報真偽の確認方法もSNSというケースが多いので、若い世代ほど情報を信じてしまった割合や、
    情報を拡散してしまった割合が高くなる傾向も見られました(10代:45.4%、20代:41.1%)。
    特に若い年代に対しては、リテラシー向上の取り組みを充実させていく必要があるとの声も上がっているようです。
    ◆コロナ情報を知りたいときに見る媒体は?
    鈴村:以前、“Twitter社が新型コロナに関する投稿ルールを見直した”というニュースも取り上げましたよね。
    加藤:今年3月以降、デマや間違った情報などが含まれるツイートに対しては、削除要請や非表示化などの対応をおこなっています。
    5月からは、新型コロナに関する間違った情報を含むツイートに「警告ラベル」を表示する機能も導入しましたが、
    “正しい情報にも警告ラベルを表示してしまう”といったミスもありました。
    鈴村:“新型コロナウイルスに関する情報を知りたい”と思ったときに、多く利用されている媒体は?
    加藤:この調査によると「民間放送」(56.4%)、「Yahoo!ニュース」(50.5%)、「NHK」(46.1%)の順に高い結果となりました。
    年代別に見ると、若い年代(10~20代)は「LINE NEWS」「Twitter」という方が比較的多かったです。
    鈴村:すべての人が悪い情報を流すわけでありませんが、フェイクニュースと大事なニュースが無作為に流れてくるのがTwitterだと思います。
    ほとんどの方が良かれと思って拡散していると思いますが、疑わしいことは拡散しないことが、まず1つ大事なことだと考えています。
    (TOKYO FMの番組「ONE MORNING」6月25日(木)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」より)

    1: シリウス(家) [CN] 2020/06/20(土) 15:11:01.33 ID:xTq0EqAp0 BE:844628612-PLT(14990)
    sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
    ‪ ‪戻ってきてほしい外国人観光客 1位は「台湾」…約8割が回答‬
    https://news.livedoor.com/article/detail/18443131/

    movは6月19日、「新型コロナと緊急事態宣言解除」に関する調査結果を発表した。
    調査は6月上旬にネット上で実施し、同社運営の「訪日ラボ」を利用する92人から回答を得た。

    都道府県をまたぐ移動が19日、解禁された。
    日本人観光客の客足の回復すると思う時期を聞くと、過半数が「10月」(51.1%)と回答。次いで「7月」(22.8%)、「来年2月」(7.6%)などと続いた。

    外国人観光客に関しては、最多が「来年2月」(35.2%)。次いで「来年7月(オリンピックごろ)」(19.8%)、「10月」(15.4%)などと続いた。

    「外国人観光客が戻ってきてほしいか」と聞くと、都市部、地方ともに9割が「戻ってきてほしい」(都市部:93.2% 地方:87.8%)と答えた。

    戻ってきてほしい国を聞くと、1位は「台湾」(79.3%)だった。

    以降は「香港」(58.7%)、「タイ」(50%)、「オーストラリア」(46.7%)、「中国」(45.7%)、「シンガポール」「アメリカ」(各37%)などと続いた。

    理由を聞くと、「(その国籍・地域の観光客の)客足が多かったから」(60.9%)が最多で、
    「消費額が高かったから」(32.6%)、「マナーが良かったから」(25%)などと続いた。

    【【観光】日本人の8割が戻ってきてほしいと願う外国人観光客 1位は当然あの国】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/06/09(火) 01:24:24.36 ID:aVAehQ+19
    調査時期不明 統一まで1111111年

    世界各国の新型コロナウイルスの感染拡大への対処を評価した250ページに及ぶレポートで、最も安全な国にスイスが選ばれ、最も危険とされたのは南スーダンだった。米国はルーマニアに次いで58位に入り、ロシアは60位のフランスに続いて61位だった。

    今回の調査を主導したのは香港の投資会社Deep Knowledge Ventures傘下の、企業と非営利団体のコンソーシアムであるDeep Knowledge Groupだ。

    「COVID-19 safety」と題したレポートの作成にあたり、同グループは130の定量的及び定性的なパラメーターと、1万1400のデータポイント(検査や感染追跡の効率性、政府の対応や医療システムの充実度などを評価したもの)をベースに分析を行った。

    ここで興味深いのは、各国の安全ランキングが数カ月の間で大幅に変化した点だ。パンデミックの初期段階で高い評価を得たのは、迅速な危機対応を行った国々だったが、現在は優れた経済回復力を示す国々がランキング上位に選ばれている。

    「最新のランキングにおいては、スイスとドイツが1位と2位に選ばれた。この2ヶ国は科学的エビデンスに基づいた慎重なロックダウンの解除により、国民の健康や安全を危険にさらすことなく経済再開を進めている点で、高い評価を得ることになった」とレポートでは述べられた。

    Deep Knowledge Groupが公開した、ランキングの上位10ヶ国は次の通り。

    1. スイス
    2. ドイツ
    3. イスラエル
    4. シンガポール
    5. 日本
    6. オーストリア
    7. 中国
    8. オーストラリア
    9. ニュージーランド
    10. 韓国

    ここで注意したいのは、このランキングが特定の組織の査定をベースとしたものであり、そこで指摘されたリスクが国や地域によって大きく異なることだ。Deep Knowledge Groupによると現在、世界で最も高リスクな地域は、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南の地域と、南アメリカだという。さらに、中東やアジア太平洋地域の一部の国々も高リスク群に区分されている。

    Deep Knowledge Groupは今回のレポートで、日本の長所として、人口に対する感染者数や死亡者数が比較的少ない点をあげた。また、短所としては、検査数が各国平均を大幅に下回っていることや、巨大な高齢者人口を抱える日本で感染の再拡大が起きた場合のリスクが指摘された。

    6/8(月) 16:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/deb50c58d8164456bf8bde14aa4a8f81ae4429f1
    no title

    【コロナ後の「安全な国ランキング」首位にスイス、5位に日本】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2020/06/04(木) 23:17:35.69 0
    no title

    【【朗報】コロナ後の理想のリーダーランキング、大阪吉村知事が堂々の1位へ。一方、愛知大村はランク外ww】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/05/30(土) 11:15:20.37 ID:lKSmBjRG9
    日本経済新聞社が新型コロナウイルスの感染拡大による景気対策として1人10万円支給される特別定額給付金の使い道についてインターネット調査をしたところ、食品・日用品など生活関連の費用に充てたり、貯金したりすると回答する人が多かった。緊急事態宣言は解除されたものの、コロナ禍で企業業績が悪化。雇用や収入など先行きへの不安から生活防衛意識が一段と高まっている。

    緊急事態宣言を受け外出自粛が始まった4月、日…

    2020/5/30 2:00日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59696900Y0A520C2W01000/

    【【日経新聞調査】「10万円の使い道」1000人調査 1位食品、2位貯蓄】の続きを読む

    このページのトップヘ