ランキングまとめ~ず

ランキング系のスレッドをまとめたブログです

    テレビ

    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/15(月)19:06:35 ID:wiB
    球団オーナー 懲役30日
    監督 戦争はなかった
    ヘッドコーチ 三人死ぬ
    投手コーチ 穴
    投手コーチ 急患
    打撃コーチ 缶けり
    内野守備走塁コーチ プリズナー
    外野守備走塁コーチ 地獄のタクシー
    バッテリーコーチ 扉の先

    一軍
    中 のどが乾く
    右 迷路
    二 楊貴妃の双六
    捕 時の女神※打線唯一の感動系
    一 リフレイン
    左 ウミガメのスープ
    遊 噂のマキオ
    三 Be silent
    投 影の国

    >>2以降続く

    【【速報】世にも奇妙な物語を100本以上見たワイが名作で打線!】の続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/11(木) 22:57:59.48 ID:vlw1f1yN9
    月9の黄金時代(1988-2000年)の最高視聴率TOP5

    第5位 やまとなでしこ

    2000年に放送され、最高視聴率34.2%をマークしたラブコメディー。玉のこしを夢見て合コンを繰り返すCAの桜子(松嶋菜々子)と、魚屋の息子であることを隠して彼女と付き合う欧介(堤真一)の関係にドキドキした人も多いはず。本当の愛に目覚めていくヒロイン役の松嶋さんが最高にキュートでした!


    同率3位は、どちらも最高視聴率36.7%をマークし「101回目のプロポーズ」と「ロングバケーション」です。 


    3位 101回目のプロポーズ 
    「僕は死にましぇん!」の名ゼリフがあまりにも有名な、1991年放送の純愛ドラマ。婚約者を事故で失い心に深い傷を負った薫(浅野温子)と、ひたむきに彼女への愛を伝える中年男・達郎(武田鉄矢)。二人の不器用な恋に涙、また涙。


    同3位 ロングバケーション 
    そしてもう1本は、木村拓哉と山口智子の共演で社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ。婚約者に逃げられたヒロイン南は、ひょんなことからピアニストの瀬名と同居するハメに。恋も仕事もうまくいかない二人は、次第に心を寄せていくのだが……ってあらすじを書いているだけでドキドキが止まらない! 


    2位 HERO
    ロンバケと並ぶキムタク(木村拓哉)のヒット作といえば、2001年放送のこれ! 徹底した現場主義で捜査に乗り出す型破りな検察官・公利生(くりゅう)は、かっこいいヒーローが似合うキムタクのはまり役でした。全話の平均視聴率が34.3%、最高視聴率36.8%という驚異的な記録を残しています。



    さあ、そして、第1位は! 感動的なあのホームドラマ!


    1位 ひとつ屋根の下 
    両親を亡くし生き別れとなった6人兄弟が、時にぶつかり、時に励まし合いながら、一軒家で生活を共にするホームドラマ。心に突き刺さる野島伸司の脚本や、江口洋介、福山雅治など豪華俳優陣の熱演が話題を呼び、最高視聴率37.8%をマーク。この数字はフジテレビの連ドラ史上最高記録として輝き続けています。


    なんと「東京ラブストーリー」がTOP5にランクインしていないという、まさかの結果に。ちなみに、東京ラブストーリーの最高視聴率は32.3%でした。この高視聴率でTOP5に入らないなんて、それだけ月9には名作が多いってことですよね。今、あらためて月9ドラマを見直してもいいかもしれないわね! 



    ちなみに「東京ラブストーリー」2020版のカンチ役は、「今日から俺は!!」「スカーレット」で注目の伊藤健太郎くん。こちらも楽しみ!

    6/11(木) 19:00 ハルメクweb
    https://news.yahoo.co.jp/articles/18b0a18ebef2b5edcc59a45ac8a0b110cb1b4283

    【【ドラマ】<「月9ドラマ」の歴代視聴率ベスト5は?>同率3位は101回目のプロポーズとロングバケーション、2位 HERO、1位は?】の続きを読む

    1: クロ ★ 2020/06/12(金) 08:26:56.34 ID:B1ual7aF9
     新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレビは苦肉の策で「リモート出演」を取り入れている。雰囲気がガラッと変わった画面に映し出されるコメンテーターやタレントたちの姿を、視聴者はどう受け止めているのか。

    *  *  *
     本誌は5月中旬から6月上旬にかけ、テレビ番組のリモート出演についてウェブアンケートを実施。111人から回答を得た。

     その結果、リモート出演に満足しているかという問いに「満足」と答えたのはわずか16%。「まあまあ」と答えた中間派も48%いたが、「不満」は36%と「満足」の倍以上だった。何かしらしっくりこないと感じる人が多いようだ。

     一方で、視聴率は伸びている。ビデオリサーチ社によると、今年4月は前年同月を上回る視聴率(関東地区)で、特に正午から夕方6時までの間で10ポイント程度上昇していたという。

    「在宅時間が長くなり、視聴率のベースが上がっていると思われます。よく見る番組ジャンルの調査では、『ニュース・報道番組』や『情報バラエティー』がトップ。コロナへの関心の高さがうかがえます」(ビデオリサーチ コーポレートコミュニケーション室)

     しかし、高視聴率の裏で、本誌のアンケートでは報道系の番組に出演するコメンテーターたちへの厳しい声が目立った。<コメンテーター間の緊張感が生じず、迫力不足><出演しなくてもいいような人はリモートにしてまで出なくてよい>といったものだ。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大メディア創造学科教授の影山貴彦氏がこう語る。

    「こうした災害時、最も安直に数字をとれるのが報道系の番組。専門家さえ押さえれば回っていくからです。一番の問題は、元々スタジオに呼ぶ必要も感じられないのに、わざわざリモートで出演させているようなコメンテーターが多い点。業界の慣行で、芸能プロダクションへの忖度が人選に影響している。中身のないコメントの薄っぺらさが視聴者に見透かされています」

     厳しい意見がある中、リモートを取り入れる番組で人気を集めたのは、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」やTBS系「サンデーモーニング」だ。信用できるコメンテーターでも、モーニングショーの出演者であるテレビ朝日社員の玉川徹氏(15票)や、両番組に出演するジャーナリストの青木理氏(12票)が上位に入った。

     玉川氏を選んだ理由にあがるのは、<政府に遠慮せず発言してくれる><良くも悪くも率直にコメントしている><間違いがあった時には自分の言葉で謝罪していた>といった回答。一方、青木氏に対しては<権威権力に忖度しない><歯に衣着せぬ物言い><話の内容に一貫性と論理性がある>など。アンケート結果でも、リモートの出演者に最も求めるものは「いつも通りに出演する安定性」や「優れたトーク力」。権力にこびず常にズバッと持論を述べる二人の姿勢にも通じる。ちなみに、両番組に出演し、コロナ対策への歯に衣着せぬ発言で注目される岡田晴恵・白鴎大学教授はランク外。<急にワッと持ち上げられていて、本人というよりもその持ち上げられ方に不信感を抱いてしまった>という意見もあった。(本誌・岩下明日香)

    ※週刊朝日  2020年6月19日号
    2020/6/12 08:00
    https://dot.asahi.com/wa/2020061000033.html
    no title

    【リモート出演で信用できるコメンテーターは? 3位山中教授、2位青木理、1位玉川徹 好きな番組1位「羽鳥慎一モーニングショー」】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/06/03(水) 13:47:08.159 ID:wdVyAXWap
    利用者
    no title


    満足度
    no title


    何を重視してるか
    no title


    これを見る限りサービス内容はほとんどどうでもよくて安くてにわか程度の嗜みが存在すればいいっていうね

    【映画、ドラマ、アニメ見放題サービスランキングついに発表wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 20/05/26(火)12:38:55 ID:XJ3
    1(一)ボビー
    2(三)武井
    3(二)ベッキー
    4(右)手越
    5(中)中島
    6(左)松島
    7(遊)森山
    8(捕)カイ
    9(投)金子

    ※追記 2020/05/26 12:39:26
    8(捕)カワイ

    【イッテQ!で消えたやつで打線組んだwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ