ランキングまとめ~ず

ランキング系のスレッドをまとめたブログです

    ニュース

    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/30(火)00:10:22 ID:GhI
    1(中) スーツを着る
    2(二) 出されたお茶は飲み干さない
    3(三) 印鑑は上司に向かって傾ける
    4(一) 無駄に長い敬語
    5(遊) タクシーの上座・下座
    6(左) 目上の人に了解しましたは失礼
    7(右) エレベーターの乗る順番
    8(捕) 訪問時間は5分前以降
    9(投) メールを送った後に電話で伝える

    【不要なビジネスマナーで打線組んだwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/06/27(土) 18:58:49.80 ID:0EHu5Nw10
    新型コロナ情報を調べるときに見るメディア…1位「民間放送」、2位「Yahoo!ニュース」、3位「NHK」
    6/26(金) 7:11配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/290334bd1ec01fdcad81b4d55591d120440b7690?page=2
    ◆誤った情報を最も多く見掛けた媒体は…?
    加藤:総務省が提示したフェイクニュースを多く見かけた媒体の第1位が「Twitter」(57.0%)、
    第2位が「ブログやまとめサイト」(36.5%)という結果でした。
    そのフェイクニュースを「共有・拡散した」と回答した人は、全体の約3割。
    新型コロナに関する情報が「怪しい」と思ったときは、若い世代ほど真偽を確かめる傾向が強いようです。
    一方で、若い世代は情報真偽の確認方法もSNSというケースが多いので、若い世代ほど情報を信じてしまった割合や、
    情報を拡散してしまった割合が高くなる傾向も見られました(10代:45.4%、20代:41.1%)。
    特に若い年代に対しては、リテラシー向上の取り組みを充実させていく必要があるとの声も上がっているようです。
    ◆コロナ情報を知りたいときに見る媒体は?
    鈴村:以前、“Twitter社が新型コロナに関する投稿ルールを見直した”というニュースも取り上げましたよね。
    加藤:今年3月以降、デマや間違った情報などが含まれるツイートに対しては、削除要請や非表示化などの対応をおこなっています。
    5月からは、新型コロナに関する間違った情報を含むツイートに「警告ラベル」を表示する機能も導入しましたが、
    “正しい情報にも警告ラベルを表示してしまう”といったミスもありました。
    鈴村:“新型コロナウイルスに関する情報を知りたい”と思ったときに、多く利用されている媒体は?
    加藤:この調査によると「民間放送」(56.4%)、「Yahoo!ニュース」(50.5%)、「NHK」(46.1%)の順に高い結果となりました。
    年代別に見ると、若い年代(10~20代)は「LINE NEWS」「Twitter」という方が比較的多かったです。
    鈴村:すべての人が悪い情報を流すわけでありませんが、フェイクニュースと大事なニュースが無作為に流れてくるのがTwitterだと思います。
    ほとんどの方が良かれと思って拡散していると思いますが、疑わしいことは拡散しないことが、まず1つ大事なことだと考えています。
    (TOKYO FMの番組「ONE MORNING」6月25日(木)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」より)

    1: 朝一から閉店までφ ★ [US] 2020/06/22(月) 23:27:09.73 ID:CAP_USER9
    2020.06.22 18:15

     男性がお付き合いしている女性の両親に結婚を申し込む際の、あるアンケート結果がこの度発表された。

    no title


     それは「結婚を申し込む際のフレーズ」で、娘の結婚相手から言われたくない言葉ランキング(調査:株式会社ネクストレベル)というもの。1位は「…(何も言わない)」で、理由として「はっきりしない態度に思えて印象がとにかく悪い」(和歌山県/44歳)などの意見が寄せられた。「しょうがないから結婚します的な感じがする」(愛知県/60歳)との声があがったのは、2位の「子どもを授かりました」、3位は「収入は少ないですが…」というフレーズで、「収入が少ないのにどうやって幸せにするのか聞きたいです」(東京都/45歳)と厳しい声が寄せられた。

     また4位にランクインしたのは、「お嬢さんを僕にください」。「娘は物ではないため『ください』という表現は違和感がある」(東京都/53歳)や、「どのツラで言ってるんだと思います。くださいというセリフはあげなければならないようで嫌です」(東京都/35歳)などの意見が。また「(娘さんを)愛しています」「大好きです」という愛情表現も、「そのようなことは父親に宣言することではない」という意見もあがった。

     このニュースをうけ、柴田阿弥アナウンサーは「どんなにうまいこと言えて、お父さんからの印象が良くても、別れるときは別れるんだろうって思っちゃいます(笑)」とコメント、スタジオの笑いを誘っていた。

     ちなみに「理想の結婚あいさつ」についてもアンケートを行ったところ、「『一生大切にします』が、いいですね」(山口県/60歳)、「大切な娘さんを、責任をもって誠心誠意支えていきます(東京都/53歳)、「お嬢さんを生涯の伴侶としたいので結婚をお許しください」(静岡県/54歳)、「娘さんのために一生懸命生きていたいとおもっています」(群馬県/54歳)などの声が寄せられ、
    コメンテーターの藤井靖氏(明星大学 准教授)は、「意気込みを言葉にして示してくれるというのは、親としては安心するでしょうね」と理解を示しながらも「これが有言実行じゃなければならないので、この後が大事ですから」と語っていた。(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

    https://times.abema.tv/posts/7059429

    最終更新 : 2020.06.22 18:20

    【「お嬢さんを僕にください」はもう古い!? 娘の結婚相手から言われたくないフレーズランキング 2020/06/22 [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

    1: ■忍【LV10,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/06/23(火)05:54:27 ID:???

    スーパーコンピューターの性能を競う最新の世界ランキングが発表され、理化学研究所の最新のスーパーコンピューター「富岳」が
    計算速度など4つの部門で世界一となりました。

    スーパーコンピューターの世界ランキングは、専門家による国際会議が半年ごとに発表していて、理化学研究所と大手電機メーカー
    の富士通が神戸市の施設に整備を進めているスーパーコンピューター「富岳」が初めて審査にエントリーされました。

    その結果、主に6つある部門のうち、「富岳」は最も基本的な計算速度を競う部門など4つで1位となりました。

    計算速度は、1秒間に1兆の40万倍以上の回数で、前回、1位だったアメリカのスーパーコンピュターのおよそ3倍でした。

    日本のスーパーコンピューターが計算速度を競う部門で1位になるのは、理化学研究所にあった前のスーパーコンピューター、「京」
    以来、9年ぶりです。

    このほか、シミュレーションに使うことが多い計算方法や、人工知能の学習性能、それに、ビッグデータの処理性能を示す部門でも
    1位となりました。

    (以下略)

    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200623/k10012480091000.html

    【別記事】
    蓮舫氏「努力に敬意」 スパコン「富岳」世界一で
    https://this.kiji.is/647813899501454433


    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 111◆ !max800
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591287429/

    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------

    【【スパコン】世界ランキング 「富岳」4部門で世界一に[R2/6/23]】の続きを読む

    1: シリウス(家) [CN] 2020/06/20(土) 15:11:01.33 ID:xTq0EqAp0 BE:844628612-PLT(14990)
    sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
    ‪ ‪戻ってきてほしい外国人観光客 1位は「台湾」…約8割が回答‬
    https://news.livedoor.com/article/detail/18443131/

    movは6月19日、「新型コロナと緊急事態宣言解除」に関する調査結果を発表した。
    調査は6月上旬にネット上で実施し、同社運営の「訪日ラボ」を利用する92人から回答を得た。

    都道府県をまたぐ移動が19日、解禁された。
    日本人観光客の客足の回復すると思う時期を聞くと、過半数が「10月」(51.1%)と回答。次いで「7月」(22.8%)、「来年2月」(7.6%)などと続いた。

    外国人観光客に関しては、最多が「来年2月」(35.2%)。次いで「来年7月(オリンピックごろ)」(19.8%)、「10月」(15.4%)などと続いた。

    「外国人観光客が戻ってきてほしいか」と聞くと、都市部、地方ともに9割が「戻ってきてほしい」(都市部:93.2% 地方:87.8%)と答えた。

    戻ってきてほしい国を聞くと、1位は「台湾」(79.3%)だった。

    以降は「香港」(58.7%)、「タイ」(50%)、「オーストラリア」(46.7%)、「中国」(45.7%)、「シンガポール」「アメリカ」(各37%)などと続いた。

    理由を聞くと、「(その国籍・地域の観光客の)客足が多かったから」(60.9%)が最多で、
    「消費額が高かったから」(32.6%)、「マナーが良かったから」(25%)などと続いた。

    【【観光】日本人の8割が戻ってきてほしいと願う外国人観光客 1位は当然あの国】の続きを読む

    このページのトップヘ